ターテルならホッチキスで柱が立つんです
 
 ターテルとは
 DIYで部屋のリフォームをするときディアウオールやラブリコなどの突っ張り用具を使って2×4材や1×4材を立てる方法が広く普及しています。柱があればかなり大掛かりなリフォームもDIYで出来るようになります。突っ張り式だと建材にキズをつけないので賃貸住宅では特に好都合です。
ところで皆さまは突っ張り式があまりに一般的なので建材にキズをつけずに柱を立てるにはこの方法しかない、と思っていませんか?
突っ張る先の天井が軟弱であったり傾斜していたりしていたら、柱は立たないとあきらめていませんか?
しかしあきらめるのは早いです。そんな場合でも柱を立てる方法があります。
それはホッチキスを使う方法。ホッチキス針を壁に打ち込んだ痕は外したときほとんど目立ちません。建材に与えるダメージは突っ張り用具を使ったときと同じ程度に軽微です。
本品は壁と柱とをつなぐ仲介物のようなものです。ホッチキスで本品を壁に固定し、固定された本品と柱となるツーバイフォー材やワンバイフォー材(以下「柱」と呼びます)を固定します。本品という仲介物を使って柱を壁際に立てるのでターテルです。

 
 本品のデメリット
① 壁が石膏ボードなどステープル針が刺さる基材でないと使えません。
② 壁から離れたところに柱を立てることはできません。
③ 本品はDIYで最も広く利用され、どこのホームセンターにもある北米材の1×4インチ材および2×4インチ材専用です。これと異なるサイズには使えません。

 本品のメリット
① 天井が軟弱でも傾斜していても関係なく使えます。
② 柱の長さ調整が必要ありません。突っ張り式の場合突っ張りの効く長さに調整する必要がありますが、本品の場合、ホームセンターで購入したまま使えます。
③ 圧迫による柱の湾曲が発生しません。突っ張り式では上下から力がかかるので厚みの薄い1インチ材は湾曲しやすいのですが、本品ではその問題は起こりません。そのため厚みの薄い1インチ材の利用可能範囲が広がります。
④ 柱に加わる横からの力に強くなります。突っ張り式の場合、壁と柱の間は完全な空間になります。一方本品の場合、上と下と2箇所で壁と柱との間に接点があります。そのため室内側から加わる力に対して接点で壁からの応力が柱に働くのでたわみにくくなります。
⑤ 柱の室内側への張り出しを最小に抑えられます。突っ張り式の場合、どんなに壁際に寄せて柱を立てようとしても通常の住宅内装で使われている廻縁や巾木より更に数センチ離れた地点にしかしか柱を立てられません。一方本品の場合廻縁や巾木に接して立てることができます。
上記の④と⑤については下のイラストをご覧いただけるとわかりやすいと思います。

 
 
 キズの許容限度
 賃貸住宅でネジクギを壁に打つことはご法度です。しかしホッチキスのステープル針やピン針を使うことは一般的に認められています。これはステープルやピンの穴は通常消耗とみなされ一般的に借主は修繕義務を負う必要がないとされているからです(国交省H23.8 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン)。
それぞれの穴の大きさにそれぞれどれくらいの違いがあるのでしょう。
ネジ(細軸のもの)      直径  3.2mm
ピン (プッシュピン)    直径  1.2mm
ホッチキス(ステープル)   最大幅 0.7mm
壁に残す穴の大きさは直径または幅の2乗に比例します。ホッチキスを1とすると
ネジ(細軸)        20
ピン (プッシュピン)     3
ホッチキス(ステープル)    1 
という比率になります。


 石膏ボード壁用
 ターテルは石膏ボードの壁に適しています。最近の住宅では石膏ボード(プラスターボード)という建材が壁の基材として広く使われています。石膏ボードはネジクギの保持力は弱いのですが材質が柔らかくてステープルやピンの針などを簡単に刺し込めるという特徴があります。石膏ボードかどうかはピンを壁に差し込んでみればわかります。もし基材が合板だと簡単にはピンは入りません。ピンが簡単に入って抜くとピン先に白い粉のようなものが付着していれば石膏ボードです。本品はホッチキスで留める仕様となっています。ただ針が刺さるのであればもちろん他の材質の壁にも使えます。例えば桧、杉、パインといったやわらかい材質の板壁なら石膏ボード壁と同じように本品を使うことができます。ただし板壁に打ち込んだホッチキスの痕は石膏ボード壁より目立ちます。
 

 取り付けに必要なホッチキス
 ターテルの取り付けには180度に開くタイプのホッチキスの本体(注1)が必要です。ホッチキスは口によく似た構造で上あご(針を出す側)と下あご(針を受ける側)の間にモノを挟んで綴じます。本品ではホッチキスの針を綴じるためではなく打ち込むために使います。そのため下あごは使わないので邪魔になります。そこでホッチキスを180度に開き、上あごだけ使える状態にします。そして針の出口を打ち込む面に密着させてあごに力を加えて針を押し出します。針は付属のステンレスの10号針を使います(注2)。事務用に広く使われている普通のスチールでも良いのですが長期にわたって錆びる心配のないステンレスがベターです。
注1 : 例えばMAX HD10Dなどがあります。値段は350円くらいです。
 なお180度に開かないタイプのホッチキスを開くように改造した方のブログをご参考までに紹介いたします。  
http://woodhome.seesaa.net/ 
注2 : 1セットにつきステンレスステープル針50本付属しています。


 構造 
 ターテルには柱を4インチ(約9センチ)の幅を正面に向けて立てるためのターテルW(この立て方を以下「寝かして立てる」と言います)と1インチまたは2インチの厚みを正面に向けて立てるためのターテルT(この立て方を以下「起こして立てる」と言います)の2種類があります。両方とも柱を直立させるためには柱の上下2点を固定する必要があるので2個で1セットです。
ターテルWは3つの部材により構成されています。
A 受け台。底板と左右の側板よりなる本体。底板にはホッチキス打ち込み用のテープ(B)が背面に装着されていて、片方の側板には手回しネジ(C)が付いています。
B ホッチキス打ち込み用テープ(以下「テープ」と呼びます)。
C 手回しネジ(以下「ネジ」と呼びます)。
ターテルTには上の3つの部材に加えて柱の幅面を横から支える支持材が追加されます。
D 支持材 幅2.5センチ 2枚
E 支持材 幅2センチ  1枚
支持材の片方の厚み面には受け台の底板に嵌め込むための溝がついています。柱を起こして立てるときに柱の厚みに合うように支持材を底板に嵌め込み、両側から柱の側面を抑え込むための部材です。2×4用にはDを2枚使い、1×4用には更にEを1枚追加します。


ターテルW 使い方
 ターテルWを使って1×4材を寝かして立てる方法をご説明します。ターテルWは1×4材、2×4材共用ですので2×4材を立てるのも全く同じになります。
 ご説明する内容はとても簡単です。本品を使って柱を立てるとは本品を柱に取り付けた合体を壁際に立てることです。それで完成となります。ステップ1では壁から離れたところで柱に本品を合体させます。ステップ2でその合体を壁際に立ててその位置をマークします。ステップ3では合体を一端分離し、本品をホッチキスで壁に固定します(合体したままではホッチキスを打てないので)。ステップ4で再び合体させて完成です。
 説明文の下の写真を参照しながお読みいただくとわかりやすいと思います。写真右下の番号は説明文の番号を示しています。
 ステップ1
 ➀ 柱を垂直に立てるためのガイドにするため、重りの付いたヒモを垂らします。ヒモの上端をセロテープなどで壁に貼りつけます。本例ではクリップでヒモの末端を挟んでいますがそのクリップを重り代わりにしています。
 ② 柱を立てたときの上側と下側になる適当な2箇所に本品を取付けます。お互いに接近しすぎていないことと使うときに本品が邪魔にならないことを考慮して位置を決めます。柱の全体の長さを10とした場合、両端から1~2くらいのところがバランスが良いと思います。柱の幅面を受け台に落とし込み、手回しネジを締めて柱の厚み面を圧迫して本品を柱に固定します。ネジは左、右どちら側に向けることができます。柱を立てたときにネジが利き腕側にくるようにしておくと扱いが楽です。右利きの方はネジを右に、左利きの方はネジを左に向けます。
 ステップ2
 ③ 垂らしたヒモをガイドにして柱がヒモと平行になるように柱を立てます。その位置を固定するためにガムテープなどで壁面に仮留めします。もし手伝ってくれる人がいれば次の④が終わるまで柱を動かないように押さえておいてもらうと良いです。本例では白のガムテープを使って柱を壁に仮留しています。
 ④ 本品の位置を粘着テープなどでマークしします。左側は本品の左端と上端の位置がわかるようにマークし、右側は本品の右端と上端の位置がわかるようにマークします。本例では黄色の養生テープを使っています。
 ステップ3
 ⑤ 柱を一端、壁から外します。そしてネジを緩めて本品を柱から外します。
 ⑥ ホッチキスを利き腕に持ち、反対側の手に外した本品を持ち、マークに合わせて本品を壁に押し当てます。そしてテープの上から壁に向かってステープル針を打ち込みます。左右に2面、上下に2面あるテープの合計4面に各3本づつ打ち込みます。全部で24本です。
 ステップ4
 ⑦ 柱を元の受け台に戻します。ネジを締めて固定しますがあまり強く締める必要はありません。ネジの先端が柱の側面に接触したあと半分から1回りくらいで充分です。
 ⑧ マークとヒモを外して完了です。写真⑧2×4は1×4を外して同じところに2×4を嵌め込んだものです。このように本品ではネジの操作だけで柱の着脱が簡単にできます。
  
 取り外しは取り付けと逆になります。まず手回しネジを緩め柱材を外します。そしてテープを壁からゆっくり剥がして本品を外します。はがしてからテープについている針を抜き取ります。

ターテルT 使い方
 ターテルTを使って2×4材を起して立てる方法をご説明します。ターテルTで1×4材も2×4材を起こして立てることができます。2×4材ではDの支持材2本を各受け台に嵌め込みます。1×4材ではそれに加えてEの支持材1本を各受け台に嵌め込みます。
 立て方はターテルWと全く同じ要領です。違いは受け台に支持材を嵌め込んで柱と合体させるところだけ。ステップ1で支持材を嵌め込んだ本品と柱を合体させます。ステップ2でその合体を壁際に立ててその位置をマークします。ステップ3で合体を一端分離して本品をホッチキスで壁に固定します。ステップ4で柱を支持材を嵌め込んだ本品に合体させて完成です。
 説明文の下の写真を参照しながお読みいただくとわかりやすいと思います。写真右下の番号は説明文の番号を示しています。
 ➀ ターテルWと同じです。
 ② 受け台の底板に支持材D2本を左右に嵌め込み、2本の支持材の間に柱の厚み面から落とし込んで手回しネジを締めこみ柱の幅面を圧迫して本品を柱に固定します。支持材の厚み面に付いている溝に受け台の底板を嵌め込むだけなので、柱を挟んでからネジで圧迫して固定するまで支持材は動きます。支持材が動くと本品を柱に固定しにくいので床に寝かせて行うと楽です。ターテルWは寝かせても立てたままでも問題なくできます。
 ③ ターテルWと同じです。
 ④ ターテルWと同じです。
 ⑤ ターテルWと同じです。
 ⑥ ターテルWと同じです。
 ⑦ 柱を元あったように受け台に戻します。まず支持材Dを受け台の左右に嵌め込みます。溝の付いた厚み面を受け台の底板に向け、押し込んで嵌め込みます。そして支持材の間に柱を挿入し、手回しネジを締めて、支持材に挟まれた柱の幅面を圧迫して固定します。
 ⑧ マークとヒモを外して完了です。
 ⑨ 1×4材を起こして立てるには、支持材Dに加えてEを受け台に追加して嵌め込みます。

 
 使用木材は米ヒバ材(北米サイプレス)
 ジャマレスはムクの米ヒバ材でできています。下は米ヒバ丸太の写真です。米ヒバは青森ヒバに似た木ですが青森ヒバより樹齢の高い天然木。北米のアラスカ州、カナダBC州が産地です。現地ではサイプレス CYPRESSまたはイエローシダー YELLOW CEDARと呼ばれています。もともと森林蓄積量が少なく毎年僅かな数量しか出材しません。成長が遅く直径30センチ程の細い木でも200年ほどの樹齢を数えます。そのため木目が緻密で年輪を数えるのが難しいほどです。色は黄色系ですがうすいクリーム色から黄色の濃い黄金色まで微妙に変化します。また青色や褐色の筋状の色合いが部分的に混じることがあります。水湿に強く腐りにくい高性能な木材です。
なお本品の棚板、側板の規格については基本的に無欠点材としますが天然木の性質上、下記のとおり若干の欠点は許容されるものとします。
1 節=あずき大の節、各材につき1個まで許容
2 色ムラ、変色=制限なく許容 


 製品仕様書

ターテル 製品仕様書

サイズ(1個) cm

本体の外寸 (手回しネジ含)13×2×3.5 (幅×厚×奥行)
支持材 D  3.5×2.5×10 (幅×厚×長)
支持材 E  3.5×2×10      ’’

重量 g (1セット)

ターテルW  150
ターテルT   350

使用木材の規格   各部材につきあずき大の節1個まで許容
 変色、色むらは制限なく許容
付属品(1セット)  ステンレスステープル針 50本
 使用説明書  本サイト上に掲載。本サイト全体が商品の使用説明書になっておりますのでよろしくお願いいたします。

生産国

日本


 ご購入のご案内
上記商品説明を充分お読みいただいた上でご注文賜りますようお願い申し上げます。
ターテルとターテルとは別々の商品としてご注文ください。

 納期
ご注文後1週間以内に発送。お客様より注文のメールをお受けした後、当方より商品発送のご案内をお送りいたします。
 配送の方法
A 3セット以下の場合:普通郵便またはメール便。 お客様の郵便ポストにお届けします。

B 4セット以上の場合:宅配便(宅配運賃、代引手数料、無料)
 価格(税込、送料込、支払手数料込)
 ターテルW 800円/セット 1度のご注文が2セット以上の場合 700円/セット
 ターテルT 1,100円/セット 1度のご注文が2セット以上の場合 1,000円/セット
 支払方法
A 3セット以下の場合:郵便局の振込票(振込料加入社負担の赤の振込票)によるお支払い。必要事項が全て記入された振込票が同梱されます(お客様の記入は一切ご不要です、電話番号欄はブランクにしてありますが記入はご不要です)。商品到着後、2週間以内に郵便局の窓口またはATMにてお願いします。お支払を遅延せざるを得ない場合は事前にご連絡をお願いします。
B 4セット以上の場合:宅配便による現金代引き
 返品
お届けした商品がお気に召されない場合、理由を問わずご返品をお受けいたします。配送したのと同じ方法でご返送ください。返品配送料につきましては、商品の欠陥など当方に責任のある場合は当方が全額、お客様のご都合による場合はお客様が全額でお願いいたします。破損などによる交換をご請求される場合も同じ要領でお願いします。その場合は「破損のため交換請求」とお書きください。当社に不良品が到着したあと交換品をお送りいたします。お客様にご負担いただいた配送料は商品代金と相殺または差額精算いたします。
 使用説明書

本サイト上に掲載、商品には同梱されません。
商品には納品請求書および振込取扱票のみ同梱されます。

トップに戻る